Top >  公務員共済 >  国家公務員共済の共済年金

国家公務員共済の共済年金

国家公務員共済共済年金は、退職共済年金、障害者共済年金、遺族共済年金とあり、
退職共済年金は、一般の共済が65歳から支給なのに対して、
特例で60歳から特別支給として、退職共済年金が支払われます。

特別支給の退職共済年金は、本来退職年金が受給できる
65歳の年齢に達すると、自動的に消滅して、65歳からは
通常通りの退職共済年金が支払われるようになっています。

障害者共済年金は、国家公務員共済加入の組合員が、組合員の間に、
障害者等級の1級から3級の間で認定されると支給される年金となっており、
遺族共済年金は、国家公務員共済加入の組合員が死亡した際に、
組合員と生計を共にする遺族が受け取れる年金となっています。

国家公務員共済は、地方公務員共済などの保障内容と基本的に
ほぼ同じ内容で、大きな特徴といったものはありませんが、
やはり一般の共済と比べると老後の保障は大変優れています。

共済という保険で安心-1からはじめる共済保険 トップへ

         

公務員共済

関連エントリー

地方公務員共済とは 国家公務員共済の共済年金


  • seo




ブログランキング

CoRichブログランキング



人気ブログランキング





SEOSEOツール


住宅ローン審査

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
フィードメーター - 共済という保険で安心-1からはじめる共済保険