Top >  組合共済 >  公立学校共済組合の障害共済年金

公立学校共済組合の障害共済年金

公立学校共済組合の障害共済年金は、組合員(加入者)が、病気などにより、
障害を持った時に支給されるもので、対象となる認定障害等級は、
1級~3級までとなっており、
支払開始は、一般の年金と同じく65歳からとなっています。

共済の期限は65歳までが対象で、期限内であっても、加入の組合員が死亡したり、
対象となる障害等級から外れた場合も共済の対象から外れます。

65歳を越えれば、保障を受けていない組合員でも、まったく効力が無いものとなりますので、
組合員が高齢になってから、新たに障害による備えをしたい場合は、
別の共済もしくは一般の保険会社で新たに掛け直す必要があります。

もちろんその際は、年金としてではなく、保障という形に変わります。


共済という保険で安心-1からはじめる共済保険 トップへ

         

組合共済

関連エントリー

日本郵政公社共済組合の障害共済年金 日本郵政公社共済組合の出産費・出産費附加金と出産手当金 日本郵政公社共済組合の結婚手当て金 日本郵政公社共済組合とは 公立学校共済組合の遺族共済年金 公立学校共済組合の障害一時金 公立学校共済組合の障害共済年金 公立学校共済組合の退職共済年金


  • seo




ブログランキング

CoRichブログランキング



人気ブログランキング





SEOSEOツール


住宅ローン審査

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
フィードメーター - 共済という保険で安心-1からはじめる共済保険