Top >  組合共済 >  公立学校共済組合の遺族共済年金

公立学校共済組合の遺族共済年金

公立学校共済組合の遺族共済年金は、組合員(加入者)が死亡した際に、
組合員の遺族に支給される共済年金です。

“遺族”の定義は、組合員と共に生計を維持していた人が該当となり、
その中でも、恒常的な収入金額が将来にわたって年額850万円又は、
所得が655.5万円以上にならない人が対象とされています。

それを、踏まえた上での優先順位は、配偶者又は子・親・孫・祖父母の順となります。

遺族共済年金の支給期限は、遺族共済年金を受け取る者が死亡した時、
再婚した時が主な失効事由になっています。

それ以外にも、遺族共済年金の支給条件や細かな失効事由などもありますので、
組合員(加入者)又受給予定者は、事前に確認しておくようにしましょう。


共済という保険で安心-1からはじめる共済保険 トップへ

         

組合共済

関連エントリー

日本郵政公社共済組合の障害共済年金 日本郵政公社共済組合の出産費・出産費附加金と出産手当金 日本郵政公社共済組合の結婚手当て金 日本郵政公社共済組合とは 公立学校共済組合の遺族共済年金 公立学校共済組合の障害一時金 公立学校共済組合の障害共済年金 公立学校共済組合の退職共済年金


  • seo




ブログランキング

CoRichブログランキング



人気ブログランキング





SEOSEOツール


住宅ローン審査

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
フィードメーター - 共済という保険で安心-1からはじめる共済保険