Top >  私学共済 >  私学共済制度の医療給付

私学共済制度の医療給付

私学共済制度の医療保険は、
一般で言う“健康保険証”という効力の他に、
共済という面持ち合わせているため、決められた一定の条件を満たせば、
医療給付を受ける事が出来ます。

私学共済制度の医療給付は、高額療養給付、
一部負担金払戻金・家族療養費付加金、
入院付加金・家族入院付加金と3つあり、指定の条件を満たしていれば、
給付を受ける事が出来ます。

高額療養給付は、月での合算した医療代の自己負担額が、
各自に応じた額を超えた際に出る給付で、一部負担金払戻金・家族療養費付加金が、
高額療養給付として支払われるものを除いた、
自己負担額から2万円を控除した額を加入者又は扶養の家族に支払う給付となっており、
入院付加金・家族入院付加金は、5日以上入院の際に、入院1日につき、
加入者が500円(老人保健法適用者が700円)、老人保健法適用者を
含む扶養者に400円給付されるものとなっています。

これらは、更に細かな詳細もありますが、適用になる際は、自動給付となるものなので、
面倒な手続き・申請などはないので安心です。

共済という保険で安心-1からはじめる共済保険 トップへ

         

私学共済

関連エントリー

私学共済制度の任意継続加入者制度とは 私学共済制度の出産給付金 私学共済制度の結婚給付金 私学共済制度の休業手当金 私学共済制度の出産手当金 私学共済制度の傷病手当金 私学共済制度の医療保険「特定疾病療養受療証」 私学共済制度の医療給付 私学共済制度の医療保険 私学共済制度とは


  • seo




ブログランキング

CoRichブログランキング



人気ブログランキング





SEOSEOツール


住宅ローン審査

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
フィードメーター - 共済という保険で安心-1からはじめる共済保険