Top >  保険 >  保険の選び方

保険の選び方

共済や保険と言っても様々な種類の商品が出ていますね。

イメージ的に言えば、保険が高くて共済は安いと言ったところでしょうか?

保険と比較してみればわかりますが、前述の通りです。

それは、当然補償の額でも違ってきます。

その「生命保険」はいったいどれだけの種類があるのでしょうか。

そして、人生の大きなイベントがある度に、必要な保険を選ばなければなりません。

たとえば、ライフサイクルが必然的に変わる結婚や出産、
転職などあった場合は、保険を見直すよいきっかけになると思います。

もしかしたら、独身の方の中には共済どころか保険にも加入されていない方も
いるのではないでしょうか。

また、加入されていたとしても本当にたくさんの方が、何気なく、
保険に入っています。

しかしながら、あなたは自分のライフスタイルに合わせて保険を変更すべきなのです。


自分なりにしっかり整理しておくことが大切です。

保険を選び直す必要が出てきた場合にも、
すぐに対応ができます。

生命保険は、基本的には、現在加入している保険を継続するようにしましょう。

しかし、検討しなおすこともあると想定する必要もあります。

なぜなら、今までより低い条件になるのです。契約年齢が高くなるため、
保険料が高くなることが免れないのです。


また、「生命保険」は継続する方がメリットがでるケースが多々あるようです。

ですので、解約は最終手段と考えるべきでしょう。

正しく保険を選ぶためには、いかに自分が保険に入る目的や理由を、しっかりさせておくことに尽きると思います。

そして、次に今後のライフサイクルの変化などを考え、自分にあった生命保険を選ぶことが大切です。


一般的に、「生命保険」は星の数ほどあるのではないでしょうか。

また、私たちは、人生の中で必要な保険を必要な時機に
選択しなければなりません。

たとえば、ライフサイクルの変化といえば、結婚や出産、転職などがあげられます。

このような時には、必要な保険も変わってきます。

加入した保険をそのままにしている人は意外に
多いのではないでしょうか?

ライフスタイルの変化にあわせて保険も変更していきましょう。



これは、しっかり理解しておくことが大切なのです。

なぜなら、保険を選び直す必要が出てきた場合にも、
同じ方法で選んでいくからです。

将来において、「生命保険」を選び直すことも踏まえつつ、
生命保険は、なるべく現在加入している保険を継続するようにしましょう。

なぜなら、今までよりもメリットの少ない契約になります。具体的には、入りなおすと契約年齢が高くなるため、どうしても保険料が高くなるからです。


また、「生命保険」は継続する方が得だと、一般的には言われています。

解約は最後であると認識を持っておいた方が良いかもしれません。 生命保険を選ぶときに心がけないといけないのは、まず、どのような目的で生命保険に入るのかを考えておくことが重要なのです。

そして、これからのライフスタイルの変化などをしっかり考え、自分にマッチした保険を選択することが、大切なのです。

         

保険

関連エントリー

PTA共済43団体が法改正で廃業 エキスパートアライアンスの行方は・・・ 中小企業退職金共済が1100億円の赤字 金融庁は無認可共済の救済措置 心身障害者扶養共済制度の補助率 医療共済組合「もやいネット」設立 保険の選び方 保険について2 自賠責保険について 保険について ペットのための医療保険(共済):アニコムどうぶつ健保 ペットのための健康保険:大友クラブ・プレミアム 指定紛争処理機関(財)自賠責保険・共済紛争処理機構とは 共済と保険の違い


  • seo




ブログランキング

CoRichブログランキング



人気ブログランキング





SEOSEOツール


住宅ローン審査

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
フィードメーター - 共済という保険で安心-1からはじめる共済保険