Top >  保険 >  エキスパートアライアンスの行方は・・・

エキスパートアライアンスの行方は・・・

エキスパートアライアンスの共済が注目を浴びています。エキスパートアライアンスは無許可共済の大手として事業を拡大してきました。以下、アサヒドットコムよりの抜粋です。

最近まで規制法や監督官庁のなかった「無認可共済」最大手のエキスパートアライアンス(加入者36万人)が、加入者拡大の原動力となった連鎖販売取引(マルチ商法)をやめることが分かった。4月に無認可共済への規制が強化されるのに伴い生命保険会社に衣替えする予定だが、金融庁から免許を取得するためにはマルチ商法の継続は困難と判断した。これを機に同社と同様にマルチ商法を使って成長してきた無認可共済の多くが淘汰(とうた)されるのは必至だ。

 マルチ商法とは、購入者が販売員にもなって、新たな購入者を誘う販売手法をいう。「無限連鎖講の防止に関する法律」で禁じられている「ねずみ講」と似た仕組みだが、マルチは商品やサービスが介在するために合法とされている。

 もともと化粧品や健康食品などの販売に使われてきたが、最近は金融商品にも広がり、エキスパートをはじめ数十の無認可共済がマルチやマルチまがい商法を展開し、総額で数百億円の掛け金収入を得るほどの勢力になっていた。

 ねずみ講と同様、加入者を増やせば増やすほど上位者の収入が増えていくシステムのため、「勧誘がしつこい」「信用できない」などの苦情や相談が相次いだ。各地の消費生活センターに寄せられたマルチ共済に関する相談は06年度で約330件と6年前の10倍以上になった。

 ここ数年、金融庁が契約者保護の姿勢を強めていることもあり、エキスパートは、トラブルを招きやすいマルチ商法のままでは免許をとるのは無理と判断した。

 生命保険会社になる場合、販売員には「保険募集人」の資格登録が義務づけられ、研修も必要になる。現在11万人いる同社販売員のうち資格登録を予定しているのは約1万人とされ、保険契約者が次々に勧誘する販売手法の維持も難しくなった。ただ、マルチをやめるのは新規契約分からで、既契約分は従来通り手数料を払うという。

         

保険

関連エントリー

PTA共済43団体が法改正で廃業 エキスパートアライアンスの行方は・・・ 中小企業退職金共済が1100億円の赤字 金融庁は無認可共済の救済措置 心身障害者扶養共済制度の補助率 医療共済組合「もやいネット」設立 保険の選び方 保険について2 自賠責保険について 保険について ペットのための医療保険(共済):アニコムどうぶつ健保 ペットのための健康保険:大友クラブ・プレミアム 指定紛争処理機関(財)自賠責保険・共済紛争処理機構とは 共済と保険の違い


  • seo




ブログランキング

CoRichブログランキング



人気ブログランキング





SEOSEOツール


住宅ローン審査

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
フィードメーター - 共済という保険で安心-1からはじめる共済保険