Top >  保険の節約 >  社会保険料は節約できる?

社会保険料は節約できる?

社会保険料は現在、企業が負担している直接にかかわる人件費の約13%だと言われています。
社会保険にも2つの種類があることをご存知でしょうか?健康保険と厚生年金です。その中でも厚生年金の保険料は年々引き上げられていることはニュースでも報道されているのでご承知のことと思います。厚生年金の保険料だけでなく健康保険料も近年引き上げられる運命にあり、健康保険と厚生年金の両方ともアップすると事業主の負担がしめる割合はおおよそ18%になるそうです。

景気の先行きが不透明な中で、収益性を上げることのほか、事業主はどのよう負担を縮小させるかがこれからの大きな課題になってきています。現に、社会保険料の支払いができずに社会保険庁に支払いをせず、国民年金と国民健康保険で働いているサラリーマンもいるんですね。

社会保険料はどのようすれば節約できるのでしょうか。
大きな節約の一つめは月末退職を避けるということです。その理由は1日でも企業に在籍することによって1か月分の保険料を徴収されるという点です。資格喪失日は実は退職日の翌日なので、仮に月末退職してしまうと翌月分の1日まで在籍したことになります。ということは翌月の1か月分多く社会保険料を納める必要がでてくるのです。

大きな二つめは・・・・
4から6月の賃金額で保険料の定時決定されます。この時期は昇給をはずしましょう。
そうすることで、保険料が節約できます。また、残業代もこの時期は極力減らしましょう。

他にも契約社員などの被保険者になれない人の活用や、常勤の役員は非常勤にするなどして節約できます。
さらには高齢者を雇用することで厚生年金の保険料は節約できます。
なぜなら70歳以上の高齢者は健康保険料のみの加入になっているからです。

また、派遣社員やパートは条件によって社会保険の適用除外になるので、保険料の節約ができます。
しかしながら、今後は適用除外になる範囲が狭くなるといわれているので注意が必要です。

    

         

保険の節約

関連エントリー

生命保険の比較 共済保険 比較 小規模共済 節税 不景気には共済で 自動車の盗難保険とは 海外旅行への安全対策は必要 海外でも使える国民健康保険。 がん保険の見直し。 ゴルフ保険とは。 会社を退社した時 偶然の事故に備える場合 保険料の安い国民共済 養老保険はお得感を考える 生命保険の見直しはすべき? 個人年金保険で貯蓄安心 バイク保険の加入は 海外留学の準備で保険 入院保険に加入で安心 労働保険も節約しよう 社会保険料は節約できる? 医療保険 節約の見直し


  • seo




ブログランキング

CoRichブログランキング



人気ブログランキング





SEOSEOツール


住宅ローン審査

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
フィードメーター - 共済という保険で安心-1からはじめる共済保険