Top >  保険の節約 >  労働保険も節約しよう

労働保険も節約しよう

仕事をしていれば入っておいたほうがいい労働保険があります。その労働保険は2種類あり労災保険と雇用保険に分けられます。働いているとあまり認識しないのですが、事業主は従業員を雇うと必ず必要となるのが労働保険なんです。

労働保険のうちでも雇用保険は企業である事業主と従業員である被保険者でそれぞれ負担しますが、その一方で労災保険については事業主の全額負担になります。ですから事業主からすれば大きな負担にもなりかねません。しかし、雇用している以上は当たり前と言えば当たり前なんです。

労災保険といっても一律ではなく建設現場など労災事故の発生の可能性が高い会社は当然保険料が高くなります。逆に9時から5時で事務系の仕事の企業は労災事故の可能性も低く当然会社は保険料も安くなります。

企業からすれば、支出になる労働保険料を下げることはやはりは考えることですね。。。

では、その労働保険はどうすれば節約することができるのでしょうか。興味のあるところかと思います。もちろん事業主だけでなく、従業員も同じだと思います。

メリット制を利用する労働保険に加入することです。
例えば・・・
工事現場などの労災事故の可能性が高くても、安全点検など労災防止の努力や作業場で働く従業員の作業環境を改善することにより実際には労災事故の起こる確率がひくくなる場合があります。
その場合、どうしても事業主の負担が不平等になるので、労働災害の多寡におうじて保険料が増減する事をメリット制といいます。
つまり、事業主の努力次第で保険料が節約できるのです。

次に被保険者とならない人を活用することです。
業務執行権のある役員は被保険者になりません。実態にそって従業員ではなく役員という肩書きかえましょう。
さらに危険度の低い業種に変えられるようであれば、変えましょう。保険料がやすくなり節約できます。

労災保険だけではなく、雇用保険も節約できます。
64歳以上の高齢者を雇用した場合、雇用保険料が免除されます。
また、パートを活用したり、出向者を受け入れると雇用保険料を節約することができます。

労働保険は会社の利益が出てなくても、納めなければなりません。何もしなければ、保険料の負担が重くのしかかります。
節約できる部分をきちんと見極めましょう。

   

         

保険の節約

関連エントリー

生命保険の比較 共済保険 比較 小規模共済 節税 不景気には共済で 自動車の盗難保険とは 海外旅行への安全対策は必要 海外でも使える国民健康保険。 がん保険の見直し。 ゴルフ保険とは。 会社を退社した時 偶然の事故に備える場合 保険料の安い国民共済 養老保険はお得感を考える 生命保険の見直しはすべき? 個人年金保険で貯蓄安心 バイク保険の加入は 海外留学の準備で保険 入院保険に加入で安心 労働保険も節約しよう 社会保険料は節約できる? 医療保険 節約の見直し


  • seo




ブログランキング

CoRichブログランキング



人気ブログランキング





SEOSEOツール


住宅ローン審査

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
フィードメーター - 共済という保険で安心-1からはじめる共済保険