Top >  保険の節約 >  入院保険に加入で安心

入院保険に加入で安心

病気やケガで入院した場合に支払われるものが入院保険ですね。入院保険の内容は退院後に通院が必要なための入院保険と通院保険がおおよそセットになってることが多いです。

医療の発展により、ケガや病気をしても年々、入院日数が短くなっています。宿泊しなくてもいいというような日帰りの手術が可能になったのも原因の大きな一つですね。それに反して入院が長くなるのは年を取ってからの入院ですね。おおよそ65歳以上になるとなんと平均で1ヶ月以上になるというデータもあります。

皆さんはご存知かも知れませんが、入院費用は平均で30万円程度というデータがあります。その一方で大多数の人が10~20万円未満の入院費用で済んでいます。ということは入院に掛かる費用は換算すると1日あたり1万円から1万5千円程度です。

つまり入院保険に加入していれば、入院費用である1日の補償が可能になります。1日1万~1万5千円は大きいですよね。しかし、1日の入院費用や通院費用が高ければ高いほど、加入する保険料も高価になるので、保険料を節約するには必要最低限の補償を設定することが望ましいですね。

日額5000円ぐらいのものであれば保険料を充分に節約できます。万が一の時は貯蓄を少し切り崩すという形をとるのがいいでしょう。

入院保険に加入する際はしっかりチェックしなければならないことがあります。
保険金の支払いが5日以上入院した場合と決まっている保険もあります。
そして、入院日数に制限を設けている場合もあります。


中には終身保険に特約で入院をつけているので大丈夫と言う人も多いです。
終身保険の目的は、老後の資金目的のものなので、いつか解約する人がほとんどです。
つまり入院する可能性が高くなる老後にその保険がなくなるのです。
入院保険などの解約を一生しないものは単品で加入する方が補償もきちんと受けられます。

   

         

保険の節約

関連エントリー

生命保険の比較 共済保険 比較 小規模共済 節税 不景気には共済で 自動車の盗難保険とは 海外旅行への安全対策は必要 海外でも使える国民健康保険。 がん保険の見直し。 ゴルフ保険とは。 会社を退社した時 偶然の事故に備える場合 保険料の安い国民共済 養老保険はお得感を考える 生命保険の見直しはすべき? 個人年金保険で貯蓄安心 バイク保険の加入は 海外留学の準備で保険 入院保険に加入で安心 労働保険も節約しよう 社会保険料は節約できる? 医療保険 節約の見直し


  • seo




ブログランキング

CoRichブログランキング



人気ブログランキング





SEOSEOツール


住宅ローン審査

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
フィードメーター - 共済という保険で安心-1からはじめる共済保険