Top >  保険の節約 >  バイク保険の加入は

バイク保険の加入は

バイク保険の加入率って何パーセントかご存知ですか?バイク保険の場合はなんと40%を下回っているんです。自動車と比較して、事故の際にケガに直結する危険性が高いのは当然ながらバイクなのです。しかしながら、バイク保険は自動車保険の加入率に全然追いついていないのが実情です。ちょっと怖い気もします。

そのバイク保険の補償内容ってどんなものがあるでしょうか。バイク保険の補償内容は賠償責任保険・傷害保険・車両保険の3タイプからなります。

自動車を所有している人が加入している自動車保険には、ご存知ない方も多いのですが、自動車という定義の中に2輪のバイクも含まれているのがほとんどです。しかし、2輪のバイクは4輪の車と危険性の高さが異なるため制限が加わっているのも現実です。どの部分に制限が加わっているかというと、車両保険の部分では制限が車よりも強くなっています。

クルマ保険では補償額に制限がある場合があるので注意しましょう。
かといって加入するバイク保険も、車両保険はかなり高額な保険料になります。

その中でちょっとお徳感のある保険でオススメできる方法もあります。ある程度のカバーをしてもらうにはファミリーバイク特約をつけた自動車保険に加入することをお勧めします。つまりファミリーバイク特約をつけることで自動車保険が家族全員のバイク事故を補償してくれるんですね。

このファミリーバイク特約は家族全員に対応しており、複数のバイクにも適応するということもあり、自動車保険の年齢条件に関係のないのが魅力で、とても節約につながることは間違いありません。
バイク命というほどのバイク好・・・大型のバイクに乗る人にはやはり元からバイク保険に加入したほうがいいですね。その一方で125ccぐらいのバイクであればこのファミリーバイク特約で十分だと思われます。

また注意すべきバイク保険は、バイクの盗難について車両保険をつけていてもバイクの補償されないのが車についている車両保険とは違う点です。
新たに盗難保険に入るのとさらにお金がかかるので、バイクの販売店で取り扱っている盗難補償を確認してみましょう。
日々の盗難対策や販売店の盗難補償で節約をしましょう。

         

保険の節約

関連エントリー

生命保険の比較 共済保険 比較 小規模共済 節税 不景気には共済で 自動車の盗難保険とは 海外旅行への安全対策は必要 海外でも使える国民健康保険。 がん保険の見直し。 ゴルフ保険とは。 会社を退社した時 偶然の事故に備える場合 保険料の安い国民共済 養老保険はお得感を考える 生命保険の見直しはすべき? 個人年金保険で貯蓄安心 バイク保険の加入は 海外留学の準備で保険 入院保険に加入で安心 労働保険も節約しよう 社会保険料は節約できる? 医療保険 節約の見直し


  • seo




ブログランキング

CoRichブログランキング



人気ブログランキング





SEOSEOツール


住宅ローン審査

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
フィードメーター - 共済という保険で安心-1からはじめる共済保険