Top >  保険の節約 >  生命保険の見直しはすべき?

生命保険の見直しはすべき?

共済という保険がありますが、日本の一世帯で年間生命保険料を換算してみると平均50万円という数字があがってきています。つまり、月割りに直してみると月3万ぐらいですね。
保険はマイホームの次にクルマと同じように高い買い物といわれています。総額は1000万は軽く超える一生の中でも大きな買い物なのできちんと研究し節約していかなければなりません。
でも、保険に加入している方が全員高額な保険に加入してるわけではなく、中にはかなり安い保険料の方もいます。なんと月に1万円未満の保険料しか支払っていない人もいるのです。

なぜ安さの原因は何なのでしょうか。
まずこれらの安さの秘密には無駄を省いている事実があります。
年齢とともにそして時代とともに私たちにとってニーズのある保険は変化してきています。時代の流れが保険の加入の変化の原因の一つになります。
しかしながら、多くの人が最初に加入した保険に入りっぱなしの状態でその後の年齢にあわした加入の仕方、保険の入り方をしていないのです。

自分の体の状態や家族状況など今の自分にあったニーズに合致していなくても、変更、加入の再検討など見直すこともなく、そのまま昔にかけた高額な保険料を払い続けているのが現状です。
時代の流れにそくした商品が各保険会社からでてくるのでてくるので、それを営業マンを上手く利用して使いましょう。

今の自分自身に必要ないものは切捨て、必要なものだけをを選択する。これが保険の節約につながりますし、少し面倒ですが、それが一番の節約になります。

最小限の保険では色んな不安があって当然です。しかし、保険料の節約するためには重要なことです。

具体的な例で言えば、1泊2日からの保障という安心を売り物にした保険もありますが、仮に1泊2日のためにその分保険料が少しでもアップするのであれば、自己が負担する割合と比較して保険料を安くした方がいいと思います。
長いスパンで考えると、1回程度の自己負担で対処できる内容のものであれば、保険料はその分節約しましょう。
現在は日帰り治療できるものも徐々に増えてきているので、よく考えた方がいいですね。

分かっていても、どうしたらいいかわからないという人はインターネットを利用しましょう。
無料見積もりや、資料の一括請求もできますし、インターネットを通して無料でFPに相談できるものがあるので、無駄のない保険の選び方をアドバイスしてもらうのもいいと思います。

         

保険の節約

関連エントリー

生命保険の比較 共済保険 比較 小規模共済 節税 不景気には共済で 自動車の盗難保険とは 海外旅行への安全対策は必要 海外でも使える国民健康保険。 がん保険の見直し。 ゴルフ保険とは。 会社を退社した時 偶然の事故に備える場合 保険料の安い国民共済 養老保険はお得感を考える 生命保険の見直しはすべき? 個人年金保険で貯蓄安心 バイク保険の加入は 海外留学の準備で保険 入院保険に加入で安心 労働保険も節約しよう 社会保険料は節約できる? 医療保険 節約の見直し


  • seo




ブログランキング

CoRichブログランキング



人気ブログランキング





SEOSEOツール


住宅ローン審査

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
フィードメーター - 共済という保険で安心-1からはじめる共済保険