Top >  保険の節約 >  養老保険はお得感を考える

養老保険はお得感を考える

被保険者が死亡した場合や保険期間の満了した場合は保険が支払われるの養老保険は保障と貯蓄の二面性をもった保険です。
誰もが年老いていきますが、老後を養うための保険が養老保険です。つまり、年をとってくるとお金を稼ぐ方法が少なくなってくるので、老後は働かずしてというのが老後に必要となるお金を貯蓄することが主流と思った方がいいです。

終身保険より保険料が高いのうが特徴ですが、貯蓄性が高いためでもあるんです。仮に同じ保障してもらうのには保険会社の定期保険の6倍ぐらい保険料の金額が必要にある場合があります。
節約したい方にはお勧めできませんというのは終身保険でもないという理由からです。

また、満期時には特約の保障も切れるので注意が必要です。
余裕がある方で他の医療保険に加入した上での追加的に加入するなら検討するのがいいと思います。
60歳までの保障が主流の中で、今の世の中では60歳前でなくなる確率は低いですね。回りを見回してもなかなか60前になくなった方は少ないと思います。
歳をとればとるほど医療を必要とする可能性は高くなってくるのです。

養老保険には色んな種類がありますが、その中でもお勧めの養老保険もあります。その養老保険は一時払養老保険です。
他の養老保険と比較しても一時払いのため、保険料が割安感がるのでオススメの訳になっているんですね。他の養老保険よりは保険料を支払うなら節約の可能性はあると思います。

養老保険は死亡保険金と同等額の満期保険金も受領できるんです。
ただし、保険金額100万円からになるのが一般的なので、よく考える必要がありそうですね。
他にも一時払養老保険のメリットがあります。
保険期間が5年以上であれば、50万円までの利益が非課税となることです。こんな非課税になるような保険なら検討の余地ありですね。

一時払養老保険の中でも外貨建ての一時払養老保険がいいでしょう。
外国の市場金利をベースにしているので予定利率が他のものより高くなっているので加入するにはおすすめです。

しかし、節約している方にはちょっと負担の多い保険になりそうです。

         

保険の節約

関連エントリー

生命保険の比較 共済保険 比較 小規模共済 節税 不景気には共済で 自動車の盗難保険とは 海外旅行への安全対策は必要 海外でも使える国民健康保険。 がん保険の見直し。 ゴルフ保険とは。 会社を退社した時 偶然の事故に備える場合 保険料の安い国民共済 養老保険はお得感を考える 生命保険の見直しはすべき? 個人年金保険で貯蓄安心 バイク保険の加入は 海外留学の準備で保険 入院保険に加入で安心 労働保険も節約しよう 社会保険料は節約できる? 医療保険 節約の見直し


  • seo




ブログランキング

CoRichブログランキング



人気ブログランキング





SEOSEOツール


住宅ローン審査

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
フィードメーター - 共済という保険で安心-1からはじめる共済保険