Top >  保険の節約 >  保険料の安い国民共済

保険料の安い国民共済

こくみん共済の掛け金はとっても安いのが魅力です。そのため、こくみん共済に加入する人は年々増加傾向にあるのはご承知の通りです。
しかしその一方で、安価ゆえにその保障に不安を感じて、こくみん共済以外の民間の保険に加入する人も実は多いようです。
このこくみん共済の安価な最大の理由の大前提はこのこくみん共済を運営しているのが営利目的の保険ではない事です。
保険料が安価なため、一般の普通の保険会社の保険と比較して多少保障に弱いところもあるのは事実です。

ただし、こくみん保険の掛け金つまり保険料が安いからといって、全てが掛け捨ての保険ではなくもちろん貯蓄型もあります。

ほとんどのこくみん保険に割戻金が発生するのが魅力のひとつです。しかもその割戻金はなんと20%を超えているのが驚きですね。
安い上に掛け捨てではないところがいいですね。

具体的にどのようなサービスの部分の保障が一般民間保険会社と比較して薄いかというと、病気に対する保障が弱いのです。
しかし、病気には弱い分、ケガには保障は手厚いです。
しかしながら、病気が死亡原因や入院原因の多くになっていることを考えると、その病気の部分で保障が弱いのはちょっとつらい気もします。
じゃあ、民間の保険に入る方がいいのかといえば、そうでもありません。
やはり保険料が高くなってしまうので、こくみん共済の不足しているサービス分野をカバーするという形で別の保険に加入し、保険料を節約することが賢明です。

もうひとつ、加えると、お子さんに保険をかけるのであれば、こくみん共済はオススメできますね。
この保険もケガへの保障が厚く、病気への保障は薄いですが、子供はケガをする方がいいので、向いていると思います。
月額が900円という安さであることに加え、保障額は少ないものの、全般的にカバーをしてくれるので負担も少なくすみます。
貯蓄が出来る保険ではありませんが、保険料を節約した分、個人で貯蓄にまわしましょう。

         

保険の節約

関連エントリー

生命保険の比較 共済保険 比較 小規模共済 節税 不景気には共済で 自動車の盗難保険とは 海外旅行への安全対策は必要 海外でも使える国民健康保険。 がん保険の見直し。 ゴルフ保険とは。 会社を退社した時 偶然の事故に備える場合 保険料の安い国民共済 養老保険はお得感を考える 生命保険の見直しはすべき? 個人年金保険で貯蓄安心 バイク保険の加入は 海外留学の準備で保険 入院保険に加入で安心 労働保険も節約しよう 社会保険料は節約できる? 医療保険 節約の見直し


  • seo




ブログランキング

CoRichブログランキング



人気ブログランキング





SEOSEOツール


住宅ローン審査

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
フィードメーター - 共済という保険で安心-1からはじめる共済保険